↓↓首のしわ取りクリームの人気ランキングを今すぐチェックする↓↓


首のしわ取りクリームの人気ランキングを今すぐチェックする

10代の首のしわは改善しやすい

健康な10代の肌には肌のハリ・弾力を支える美肌成分のコラーゲンやエラスチンも、保湿成分のヒアルロン酸やセラミドも豊富に含まれています。



加齢に伴ってこれらの成分が失われていく前の10代で首のしわができるのは、生活習慣や生まれ持った肌質が要因となっている場合が多いでしょう。

10代は若く、肌の新陳代謝(ターンオーバー)も活発なので、自分の肌質に合った正しいスキンケアや生活習慣の見直しを行えば、すぐに首のしわが改善される可能性が高いです。

スマホ・タブレットが原因でできる10代の首のしわ

10代の肌にはコラーゲンやヒアルロン酸がたっぷりと含まれているので、たるみが原因で首にしわができるとは考えにくいです。

若くしてできる首のしわは、猫背や首猫背などの姿勢の悪さが要因となっている可能性が高いでしょう。



今や日常生活に欠かせないものとなったスマートフォンやタブレット。スマホやタブレット、パソコンやゲーム機などのガジェット類をひとつも所持していない若者はいないといっても過言ではないのではないでしょうか。

スマホやタブレットを使用する際は、画面を見るために無意識のうちに前傾姿勢になっています。上半身全体が前かがみになる猫背と同時に、頭の位置が肩の位置よりも前にずれる首猫背を発症しやすくなります。

俯きがちの姿勢では顎を引いた状態になっています。すると、首の皮膚がたわんで、一時的に首もとにしわが入った状態になります。10代の肌にはハリと弾力があるので、すぐに正しい姿勢に戻れば皮膚が元通りに伸びてしわは消えてなくなります。ところが、首の皮膚が折りたたまれてしわが入った状態を長時間続けていると、肌表面にそのしわが記憶されて、大きくて目立つ横じわが首に刻み込まれてしまうのです。

SNSアプリやソーシャルゲームなど、スマホやタブレットには魅力的な機能が数多くついています。ついつい夢中になってしまうときも、数十分に一度は休憩を挟んで、姿勢が悪くなっていないか見直してみるようにしましょう

同じ姿勢を長時間続けるのは肩こりや腰痛、血行不良の原因にもなるので、伸びやストレッチを取り入れるとよりよいです。

紫外線(光老化)が原因でできる首のしわ

紫外線の中にはUV-A(紫外線A派)UV-B(紫外線B派)があり、UV-Aのほうは肌に対する浸透力が特に高く、肌の奥深くの真皮層にまで到達します。UV-Aはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生み出す繊維芽細胞にダメージを与え、しわやたるみ、シミなどの肌の老化現象を引き起こすので、紫外線対策は万全に行う必要があります。

>>紫外線が原因でできる首のしわについて詳しく見る



特に、部活動やサークル活動で屋外でスポーツをする機会が多い学生の方は、日焼け防止を念入りにしたほうがよいでしょう。



10代の肌は新陳代謝(ターンオーバー)が活発で、日焼けをしてもすぐに古い角質が剥がれ落ちて新しく白い肌に生まれ変わります。そのため、「まだ若いから大丈夫」と紫外線対策を何もせずに外へ出る人が少なくありませんが、大きな間違いです

紫外線が肌に及ぼす悪影響の中にはすぐには表に現れないものもあります。日焼け止めの塗布やUV加工のキャップ・サンバイザーの着用など、若いうちからしっかりと紫外線対策をしておくのが重要です。

10代のうちから無防備に紫外線を浴び続けると、首のしわをはじめとする肌の老化が早まるリスクが高まります。

合わない枕が原因でできる10代の首のしわ

合わない枕が原因で首にしわができるメカニズムは、姿勢の悪さが原因で首にしわができるメカニズムと似ています。

枕が高すぎると後頭部が肩よりも高い位置に持ち上げられた状態になるので、自然と顎が引け、首の皮膚がたわみます。人間の1日の睡眠時間は平均して6時間〜8時間にもなるので、皮膚にしわが寄ったまま眠り続けることで、首にしわが刻まれてしまいます。これは物理的な問題なので、年齢は関係ありません

高すぎる枕がダメだからといって、低すぎる枕では首に負担がかかり、肩こりや首の痛みの原因になるので、こちらも注意が必要です。

睡眠時の理想的な体勢は、真っ直ぐに起立しているときの姿勢のまま横になった状態です。適切な枕の高さは3センチ〜5センチ程度といわれていますが、頭の大きさや首の長さ、寝やすいポーズは人によって違うので、一概に「これが正解」とは断言できません。

10代で学生の方の場合、高級なオーダーメイドの枕を用意するのは経済的に厳しいかもしれません。ですが、安心してください。自分にぴったりの枕を、誰でも簡単に、かつお金をかけずに作成できる方法をご紹介します。



必要なものは大きめのバスタオルのみ。まずはバスタオルを二つ折りにし、ロール状に丸めます。巻きの強さを調整することで、自分の首に合った高さ・硬さの枕を手軽に自作できます。バスタオルロールの数を増減すれば、枕の広さも調節可能です。

乾燥が原因でできる10代の首のしわ

10代の首のしわの大きな原因のひとつが乾燥です。

肌はさまざまな原因で乾燥します。年齢肌の乾燥トラブルは、加齢による保湿成分(ヒアルロン酸、セラミドなど)の減少が原因となっていることが多いですが、10代の若い肌の場合、洗顔のしすぎが要因のパターンがほとんどです

個人の肌質にもよりますが、10代は皮脂の分泌が盛んになる時期です。特に脂性肌(オイリー肌)でニキビに悩んでいる方の中には、洗浄力の強い洗顔石鹸を使って、一日のうちに何度も洗顔を繰り返す方もいるでしょう。思春期のニキビは首にもできるので、首まで念入りに洗い流すようにしているかもしれません。

ところが、顔や首の肌表面の皮脂を必要以上に洗い流してしまうと、肌のバリア機能が働かなくなってしまいます。

肌を外側から守る「皮脂膜」が不足すると、肌内部の水分の蒸発を防げなくなり、肌の乾燥が進みます。肌内部の水分量が減少すると肌がしぼんで細かなしわができやすくなるので、洗いすぎは首のしわ予防の大敵です。

また、肌を健康な状態に保つのに必要な常在菌もいなくなってしまうので、ニキビケアにもよくありません。

首の皮膚は卵の薄皮程度の厚みしかなく、顔以上に繊細です。首を洗うときは、泡立てネットなどで洗顔料をしっかりと泡立てたあと、皮膚を手指で直接擦らないように気をつけながら撫で洗いしてください。熱すぎるお湯も皮脂を奪いすぎるので、ぬるま湯を使うようにしましょう。

保湿クリームを使ったスキンケアで、首の肌を乾燥から守るのも効果的です。保湿クリームの中に含まれる油分が「ふた」の役割を果たし、肌内部の水分や保水成分を閉じ込めて守ってくれるので、乾燥が原因の首のしわの改善が見込めます。

本サイトの『首のしわ取りクリームおススメランキング』でおススメしているしわ取りクリームは、どれも保湿効果の高いものばかりです。クリーム選びに迷った際には、ぜひ参考にしてみてください。

>>『首のしわ取りクリームおススメランキング』をチェックする