↓↓首のしわ取りクリームの人気ランキングを今すぐチェックする↓↓


首のしわ取りクリームの人気ランキングを今すぐチェックする

首のしわの原因となる光老化とは?

紫外線は肌に悪影響を与え、シミやそばかす、しわ、たるみなどの原因になる厄介な存在です。紫外線によってもたらされる老化現象を「光老化(こうろうか)」と呼びます。



紫外線といえばシミの原因というイメージが強いですが、実はしわの発生にも深く関わっています。加齢ともに出現するしわのうち、約80%が紫外線が原因であるといわれています。

太陽からの光は、波長の長さによって「赤外線」「可視光線」「紫外線」の三つに分けられます。このうち、シミやしわの原因となり、美容の大敵としてよく名前を耳にするのが「紫外線」です。

紫外線の厄介なところは、三つの光線のうちでもっともエネルギーが強いにもかかわらず、浴びている実感を受けにくいところです。可視光線は目で見ることができ、赤外線からは温かさを感じ取ることができますが、紫外線にはそのような分かりやすい刺激がありません。浴びている間には知覚することができないので、後になって日焼けやシミ・しわなどの肌トラブルとして現れるまで、その影響に気づきにくい存在なのです。

紫外線の種類と特徴

私たちの肌に悪影響を及ぼす紫外線には、UV-A(紫外線A派)とUV-B(紫外線B派)の二種類があります。

首のしわの発生に特に深い関係があるのがUV-Aです。



UV-A(紫外線A派)


全紫外線のうち約95%はUV-Aで占められており、私たちのいる地上にまで届くUV-Aの量はUV-Bの約20倍にもなるといわれています。

UV-AはUV-Bよりもエネルギー自体は弱いのですが、肌に浸透する力が強く、肌の奥深くの真皮層にまで到達します。真皮層にまで辿り着いたUV-Aは肌のハリや弾力のもとになっているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を変性させ、またそれらを生成する役割を持つ線維芽細胞にもダメージを与えます。結果的にUV-Aを浴びた肌からは弾力が失われ、しわやたるみが生まれやすくなってしまうのです。
さらに、UV-Aにはメラニンの合成を増やす作用もあるため、シミの発症も招きます。

UV-Aの恐ろしいところは、その影響がすぐに表に現れないところです。UV-AにはUV-Bと違って即効力がないので、UV-Aによって被った肌のダメージは長年蓄積され続け、保湿やターンオーバーなどの肌機能を少しずつ低下させていきます。

【肌へのダメージ】しわ、シミ、たるみ(光老化)

UVB(紫外線B派)


肌表面が黒く変色する、いわゆる「日焼け」の原因となるのがUV-Bです。別名「レジャー紫外線」とも呼ばれています。紫外線のうち約5%を占めます。

UV-BはUV-Aのように肌の真皮層まで到達することはありませんが、UV-Aよりも強いエネルギーを持っており、肌の表皮にダメージを与えます。UV-Bによって損傷を加えられた表皮の細胞が赤く炎症を起こすことを「サンバーン」、表皮の内部に含まれるメラニン色素が酸化・沈着して、肌色が黒くなることを「サンタン」と呼びます。

シミ・そばかすの原因になると同時に、肌の乾燥をもたらし、しわの原因にもなります。

【肌へのダメージ】日焼け、シミ

紫外線でしわができるメカニズム

しわのない若々しい首もとの鍵を握るのは、肌の奥深くにある真皮と呼ばれる層です。肌のつくりは三層に分かれており、上から表皮、真皮、皮下組織という構造になっています。真皮はハリと弾力のある肌の要となる重要な部分です。

真皮の内部では、コラーゲンとエラスチンの繊維が網目状に絡まり合うことでクッションのように弾性のあるネットワークを構築し、肌の表皮を支えています。また、真皮に存在する線維芽細胞という細胞は、新しいコラーゲンやエラスチンをつくり出すだけでなく、古くなったコラーゲンやエラスチンを分解する役割も担っています。

紫外線に含まれる波長のうち、浸透性の高いUV-A(紫外線A派)は表皮を突き抜けて真皮にまで到達し、活性酸素を発生させてコラーゲンやエラスチンを変性させてしまいます。また、コラーゲンやエラスチンの生成工場である線維芽細胞そのものにもダメージを加えるため、真皮内の正常なコラーゲン・エラスチン量も、線維芽細胞によって新たに生み出されるコラーゲン・エラスチン量も減少します。

コラーゲン・エラスチンが不足した状態の肌からは弾力が失われます。ハリのない肌にはしわが記憶されやすくなり、また皮膚全体を支える真皮の力が弱まることによって、たるみも生じやすくなります

首は顔よりも紫外線を浴びやすい


意外な事実ですが、実は首は頬よりも紫外線を浴びる量=「紫外線強度」が高いことが明らかになっています。



例えば、頬に700マイクロワットの紫外線を浴びるとき、デコルテには1942マイクロワット(頬の約2.7倍、首の後ろ(うなじ)には1213マイクロワット(頬の約1.7倍もの量の紫外線を受けているという調査報告が存在します。
(参照:【日経電子版】日本経済新聞プラスワン「首・足首が盲点 効果的な紫外線対策、記者が検証」2014年5月16日)

紫外線対策でも見逃しがちな首・デコルテが、実際には顔以上に紫外線のダメージに晒されやすい部位だったなんて、ちょっとぞっとしますよね。
顔と比べて皮膚の厚みがはるかに薄い首は、ただでさえしわができやすいパーツです。首・デコルテも顔と同じか、それ以上に気合いを入れて紫外線対策を万全にしましょう!

首のしわを予防する紫外線対策

首のしわ・たるみ・シミなどの肌トラブル(光老化)を防ぐためには、とにかく紫外線を浴びないようにすることが大切です。ここでいう「紫外線を浴びない」とは「肌の表皮や真皮に紫外線を到達させないようにする」ということです。



もっとも一般的な紫外線対策は、日焼け止め(サンスクリーン剤)を塗ることです。晴れの日や外出時のみでなく、年間を通して日焼け止めをつける習慣をつけることをオススメします。
特に、表皮を通り抜けて真皮まで到達するUV-Aには雲や窓ガラスを透過する性質があるため、「曇っているから」「今日は屋内にいるから」という理由での油断は禁物です。車の運転中もフロントガラスやサイドウィンドウなどから強い日差しを浴びやすいので、注意が必要です。

日焼け止めのPA・SPFとは

日焼け止めにはUVAとUVBの両方をカットする作用があります。



日焼け止めには「PA」「SPF」という表記がありますが、このうちUV-A(紫外線A派)をカットするのがPA、UV-B(紫外線B派)をカットするのがSPFです。

PA(プロテクション・グレード・オブ・ユーブイエー)


PAとは「Protection Grade of UVA(プロテクション・グレード・オブ・ユーブイエー)」の略で、UVAの防止強度を表す表示です。
++++、+++、++、+の4段階があり、+が多いほどUVAのカット効果が高いことを示します。

PA++++:極めて高い効果がある
PA+++:非常に効果がある
PA++:かなり効果がある
PA+:効果がある

UV-Aは春・夏以外の季節でも一定以上の量が降り注いでいるため、年間を通した対策が必要です。

SPF(サン・プロテクション・ファクター)


SPFとは「Sun Protection Factor(サン・プロテクション・ファクター)」の略であり、UV-B(紫外線B派)のカット効果を表す数値です。

SPFの表記が意味するところは少々ややこしく、例えばSPF50という表記の場合、日焼けの防止効果が50時間持続する、ということではありません。正しくは、紫外線を浴び始めてから日焼けが起こるまでの時間を約50倍遅らせることができる、という意味になります。
通常、紫外線を浴びてから日焼け(皮膚に赤い斑点が現れて炎症を起こしている状態)が始まるまでには約15〜20分かかるといわれていますので、SPF30の日焼け止めならば約30倍、SPF50の日焼け止めならば約50倍、日焼けの発症を遅らせることができるということになります。

あくまでも紫外線の影響を緩和・遅延することができるという効果なので、紫外線から肌を100%防護することができる、というわけではありません。

日焼け止めの数値は高ければ高いほど良い?

日焼け止めのPA・SPFの数値は、高ければ高いほど良いというものではありません。数値が大きくなるほど紫外線カットの効果は高くなりますが、同時に肌に対してかかる負担も上がります。

1時間以内で済むような普段の何気ない外出時であれば、SPF30、PA++程度の日焼け止めでも充分に紫外線対策の役割を果たしてくれます。

何時間も紫外線を浴びる可能性のあるスポーツやレジャーの際には、SPF50以上の日焼け止めの使用が有効です。シチュエーションに応じて、適切なPA・SPF数値の日焼け止めを使い分けることが重要です。

また、肌に塗布した後の日焼け止めは時間の経過とともに紫外線カットの効果が落ちていきます。特に首もとの皮膚には汗腺が多く存在するため、汗をかきやすくなっています。無闇に数値の高い日焼け止めを選ぶよりも、こまめな塗り直しを心がけるほうが紫外線対策には効果的です。



日焼け止めを塗ったあとで、さらにストールなどを身につけるのもよいでしょう。日傘を差すのも有効です。


また、帰宅後にはしっかりとクレンジングをして日焼け止めを洗い流すようにしてください。日焼け止めの洗い残しがあると、肌荒れやニキビなどの要因になりかねません。
SPF値が高い日焼け止めやウォータープルーフタイプの日焼け止めはやや落ちにくい傾向にあるので、念入りに洗浄するようにしましょう。とはいえ、肌に刺激を与えてしまうゴシゴシ洗いは厳禁です。

顔だけでなく、首まで丁寧に洗うようにしてください。日焼け止めとともに皮膚の表面に付着した汚れをキレイに洗い流したあとは、クリームやローションなどでしっかりと保湿ケアを行いましょう。その際のスキンケアに首のしわ取りクリームを使えば、首のしわの改善により高い効果が期待できます。
首のしわの予防・解消に効果的なクリーム選びについては、当サイトでご紹介している『首のしわ取りクリームおすすめランキング』もぜひ参考にしてみてください。

>>『首のしわ取りクリームおすすめランキング』をチェックする


紫外線は悪者ではない!

ここまでは、紫外線が私たちの肌に与える悪影響についてばかりお話ししてきました。ですが、実は太陽光は人間にとってなくてはならない大切なものです。



日光を浴びることによって、私たちの体内ではビタミンDが生成されます。ビタミンDは食事からも摂取することができますが、日光も重要な生成源のひとつです。

太陽光を浴びると体内のコレステロールが変化し、脂質とともに小腸で吸収されて、さらに肝臓・腎臓で代謝され「活性型ビタミンD」となります。ビタミンDにはカルシウムの吸収を高める作用があり、丈夫で健康な歯や骨を作るために必要不可欠な栄養素です。
ビタミンDにはその他にも、免疫機能のサポートや感染症の予防、抗がん作用などもあるとされています。

紫外線は浴びすぎれば美容に対する悪影響となりますが、かといってまったくの悪者というわけではありません。適度な日光浴は、私たちの体を若々しく健康に保ってくれます。日光を過度に嫌うことなく、健康な肉体としわやシミのない美しい肌の両方を手に入れられるように心がけましょう。