↓↓首のしわ取りクリームの人気ランキングを今すぐチェックする↓↓


首のしわ取りクリームの人気ランキングを今すぐチェックする

生まれつきある首のしわは消せる?

首のしわの原因の大半は加齢によるものですが、実は生まれつきある首のしわに悩んでいる人も多いです。

ネット上のお悩み掲示板にも、このような相談が寄せられています。


私は今年で24歳ですが、首に深くて太いしわが2本も刻まれています。
子どもの頃から首にしわがありました。小学生のときからずっとです。
気づいたのがその頃というだけで、もっと前からあったのかもしれません。
今でも、少し下を向いただけで首にしわが寄ります。後ろを振り向いたときに首を回すと、さらにしわの本数が増えます。
人の首って気になりますか? まだ若いのに…と思うと、首のしわが恥ずかしくて、自分に自信が持てません。
私は自分の首にコンプレックスがあるので、他人を見るときも顔よりも首に目がいってしまいます。



首のしわの本数は、一般的に「年代 − 1本」であるといわれています。あくまで目安ではありますが、20代であれば1本、30代であれば2本が平均的な首のしわの本数ということです。

これよりも本数が多かったり、しわが大きかったり深かったりすると、実年齢よりも老けてみられる可能性が高くなります。

しわといえば主に30代以降の女性の肌悩みというイメージが強いかもしれません。なぜ、生まれつき、または子どもの頃から首にしわができてしまう人がいるのでしょうか?

人間の皮膚は骨に張りつくようにして形成されています。首の場合は、首の皮膚は頸椎や軟骨に巻きついているので、それらの骨の形にデコボコが多いと、その形状を反映して皮膚にもしわが出やすくなります。

このように、生まれつきある首のしわには、生活習慣などの後天的な要因ではなく遺伝的な要因が絡むので、「なぜ私だけが」「まだ若いのに」と苦しんでいる方が多いです。

ですが、諦める必要はありません。生まれつきある首のしわを完全に消すのは難しいといわれていますが、しわを悪化させず、目立たなくするようにスキンケアをすることはできます。

また、自分では「生まれつきのものだ」と思っている首のしわも、もしかすると子どもの頃からの生活習慣が原因でできてしまったしわかもしれません。その場合、姿勢や食生活などの生活習慣の見直しを図るだけで、首のしわが解消される可能性もあります。

ここからは、生まれつき、または小さな子どもの頃から首のしわができる原因とその対策を、具体的に見ていきましょう。

巨大児で生まれてきた/子どもの頃、肥満体だった

大人になった現在は標準体型であっても、生まれてきたときに巨大児だった、または幼少期に太っていたという人の場合、その当時についた首のしわが癖づけされ、消えなくなってしまっている可能性があります。



巨大児とは出生時の体重が4,000g以上の赤ちゃんのことで、片方の親、もしくは両親が長身である場合、または母親が糖尿病である場合に多いといわれています。

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はムチムチとしていて、手足の関節や首回りには段がついています。標準的な新生児よりも体重が重く、脂肪量が多い赤ちゃんは、この段の部分の食い込みが強くなっている場合があるので、しわが癖になりやすいという説があるのです。

幼少期に肥満体だったという方も同様です。太っていると、あごの下にも脂肪が大量についてきます。このとき、首の皮膚が圧迫されて段が入るのです。この状態が長年続くと、大人になってから痩せても、首にしわが残ってしまう場合があります。

長い時間をかけて定着した首のしわをすぐに消し去るのは難しいですが、しわ取りクリームや美容オイルを使った保湿ケアやマッサージで改善していけるので、根気よくケアを続けていきましょう。

どうしてもすぐに首のしわを取りたいなら、美容皮膚科やクリニックでヒアルロン酸注射やボトックス注射を受けるという手もあります。

>>首のしわ取り情報&おすすめのしわ取りクリームランキングをチェックする

家系的に首のしわができやすい

遺伝的な要因で生まれつき首のしわができやすいというケースも考えられます。

「母や父、兄弟や姉妹の首にもしわが多い気がする」という場合は、両親、または隔世遺伝であれば祖父母から受け継いだ体質(骨格、肌質など)が関係しているのかもしれません。



子どもの頃から乾燥肌の人もいれば、ニキビができやすい人、日に焼けても黒くならずに赤くなる人がいるのと同じことです。

また、「食生活に偏りがある」、「自宅で使っている枕が自分の首に合っていない」といった後天的な原因がある可能性も考えられます。

同じ家で暮らす家族は生活習慣が似てくるものですし、まだ若い方であれば、枕も自分ではなく親御さんが選んで買ったものを使っていることもあるでしょう。

遺伝的に受け継いだ体質や肌質を丸ごと変えるのは難しいですが、食事の内容や枕の高さ、姿勢の悪さの見直しを図るのはいつでも可能です。そうすることで、首のしわだけでなく美容や健康のさまざまな面でよい影響が出ます。

「遺伝だから仕方がない…」と諦めたり落ち込んだりすることなく、若い頃からこつこつとアンチエイジングケアを心がけていけば、「私は大丈夫だから」と油断してお手入れを怠っていた人よりも、結果的に美しい肌を保てる未来につながります

ストレートネックになっている

ストレートネックも首のしわができやすくなる要因のひとつです。

通常、人間の頸椎は30〜40度程度、S字型に湾曲しています。頸椎の前弯角度が30度以下で、首の骨が真っ直ぐな状態になっていることをストレートネックと呼びます



俯きがちの姿勢を長時間続けるなど、さまざまな要因で首の後ろ側の筋肉が過度に緊張すると、ストレートネックになってしまいます。すると、後ろ側の筋肉が緊張する代わりに前側の筋肉にたるみが出て、首のしわとして現れてしまうのです。

ストレートネックそのものは病気ではありませんが、首のしわができやすくなるだけでなく、慢性的な肩こりや頭痛の原因にもなる厄介な状態です。

ストレートネックは基本的には遺伝性ではありませんが、家族間では癖や生活習慣が似通っているケースも多いため、親も子どももストレートネックというパターンが目立つようです。

ストレートネックになる原因としては、スマホやパソコンの長時間使用の他にも、リュックサックの使用(お尻側にかかる重みとのバランスを取るために頭部を前方へ倒すため)や、バレエやダンス競技のための過度な姿勢矯正などのスポーツ障害があげられます。

ストレートネックは整形外科での電気治療やマッサージ、牽引療法、鍼灸マッサージ師や整体師による施術などで改善できます。

アトピー性皮膚炎を患っている

アトピー性皮膚炎を罹患している人も首にしわができやすい状態になっています。

アトピー性皮膚炎の原因はまだはっきりとは解明されていませんが、遺伝的な要因に加え、食べ物やダニ、ハウスダストなどのアレルゲンの侵入、ストレスでも発症するケースがあります。

アトピー性皮膚炎の人の肌にはセラミドが不足していることは研究により明らかになってきています。

セラミドは肌の重要な保湿成分であり、肌の細胞と細胞の間を埋める緩衝剤的な役割を持つ「細胞間脂質」の約50%を占める主要成分です。セラミドが足りないと、肌のバリア機能が低下して外部刺激にも弱くなり、アレルギー反応や肌荒れを起こしやすくなるのです。ダメージが肌の奥深くにまで至ってしまうと、肌のターンオーバーが乱れて慢性的なしわやたるみの原因になります

アトピー性皮膚炎の方のスキンケアでは、化粧品選びに特に慎重にならなければなりません。アトピー肌のケアには保湿がとても重要ですが、いくらセラミドが不足しているからといっても、セラミド配合のしわ取りクリームや保湿美容液であればなんでもいいというわけではありません。わずかな刺激源からアレルギー反応が出てしまうこともあり得ます。「無香料・無着色・ノンアルコール」などの低刺激処方の化粧品を選ぶようにするとリスクが低いでしょう。



アトピー性皮膚炎の治療の基本は、医療機関で処方されるステロイドなどの医薬品での治療です。専門の皮膚科医や薬剤師の指導の下で適切な治療を受け、焦らずに改善・完治を目指しましょう。



>>首のしわ取り情報&おすすめのしわ取りクリームランキングをチェックする