↓↓首のしわ取りクリームの人気ランキングを今すぐチェックする↓↓


首のしわ取りクリームの人気ランキングを今すぐチェックする

ビタミンCとビタミンC誘導体はどう違うの?

ビタミンCビタミンC誘導体は似て非なるものです。
名前のよく似たこのふたつの成分の具体的な違いをご存じでしょうか?

ビタミンCは水溶性のビタミン類の一種で、野菜や果物などに多く含まれています。
ビタミンCを豊富に含有する食べ物の例としては、フルーツではレモンやイチゴ、キウイなど、野菜ではジャガイモやサツマイモ、ブロッコリーなどがあげられます。



ビタミンCには優れた抗酸化作用や美白効果があります。肌のハリや弾力を生み出すコラーゲンの生成にも深く関わっており、正常なコラーゲンの合成にビタミンCは欠かせない栄養素となっています。

私たちにとって非常に身近かつ重要な美容成分であるビタミンC。ですが、実はビタミンCの化学構造は非常に壊れやすいつくりになっています。

少し専門的なお話になってしまいますが、ビタミンCは還元力が強いため、成分としてとても不安定なのです。そのため、クリームや美容液などにそのまま配合しても、ビタミンCが本来持っている美肌効果を十分に発揮しきれないという欠点がありました。
加えて、ビタミンCは肌への浸透力が弱く、コラーゲンの生産場である肌の深部にまで吸収されないという問題もあったのです。

これらの問題点を解消するために生み出された画期的な新成分が「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンCの欠点であった成分の壊れやすさを克服したビタミンC誘導体は、化粧水やクリームへの配合が容易です。
また、肌への浸透力も高くなっているので、ビタミンCがもともと持っていた美容効果を肌の奥深くまできちんと届けてくれます。

ビタミンC誘導体は角質層によく吸収される性質を持っており、肌の深部に入り込んだ後で酵素反応によりビタミンCに戻ります。このメカニズムによって、しわ取りをはじめとするビタミンCの効果を必要な場所へ送り込むことが可能になったのです。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体には、水溶性のもの油溶性のもの、そして水溶性と油溶性の両方の性質を併せ持つものがあります。
それぞれの特徴は以下の通りです。



水溶性:水に溶けやすい。皮膚への吸収性がよく、化粧水やローション、美容液などに配合される。
(例:リン酸型ビタミンCアスコルビン酸グルコシドアスコルビルエチル

油溶性:油分に溶けやすい。ビタミンCの分子に油を結合させることで、エマルジョン(水分が油分の中に、または油分が水分の中に含まれている状態)状にしたもの。主にクリームなどに配合される。
(例:テトラヘキシルデカン酸アスコビルステアリン酸アスコビル

水溶性&油溶性:親水性と親油性を併せ持ち、両方の利点を備えている。浸透力がより高くなったビタミンC誘導体。
(例:アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)

ピュアビタミンCって何?

ビタミンCの欠点である成分の非安定性&肌への浸透力の低さを克服する方法は、誘導体化だけではありません

化粧品開発会社やメーカーによっては、独自の浸透技術ナノテクノロジーによって、誘導体化していないビタミンC(ピュアビタミンC)の安定性と浸透力を向上させているところもあります。



本サイトの『首のしわ取りクリームおすすめランキング』でもご紹介している、b-glen(ビーグレン)『Cセラム』リソウ『リペアジェル』などに配合されている「ピュアビタミンC」「ビタミンC生命体」などがその例です。

>>首のしわ取りクリームおすすめランキングをチェックする



これらのビタミンCは誘導体化されていないビタミンCなので、肌へ浸透した後、すぐにその効力を発揮することができます。
ビタミンC誘導体の場合、肌の内部で誘導体からビタミンCへと戻るための時間が必要とされるため、やや即効性に劣るというデメリットがあるのです。ナノ化や生命体化されたピュアビタミンCにはこの弱点がないため、美容業界でも注目されています。

とはいえ、ビタミンC誘導体も、特別な技術によって不安定性や非浸透性を克服したピュアビタミンCも、どちらが良い・悪いということはなく、ともに優れた美容成分です。

ビタミンC誘導体にもピュアビタミンCにも、

コラーゲンの生成増進
ターンオーバーの正常化
活性酸素の無効化(抗酸化作用

などの効果があり、顔や首のしわ・たるみを取り、ハリと弾力のある若々しい肌を取り戻してくれる効果が期待されます。

また、

メラニンの還元による色素沈着防止
皮脂分泌の調整作用

などもあるため、シミやニキビ・ニキビ痕の改善にも有効です。

ビタミンC誘導体の濃度は高ければ高いほど良い?

ビタミンC誘導体の濃度はどの程度のものが適切なのでしょうか?

市販のしわ取りクリームや化粧水では、ビタミンC誘導体の濃度は1〜2%程度が一般的であるとされています。
通販であれば、20%を超える高濃度の美容液や、原液100%のビタミンC誘導体オイルなども購入可能です。

濃度1〜2%と100%であれば、100%のほうがより高い美容効果が得られそうな気がしますが、実はそういうわけでもありません
ビタミンC誘導体の濃度が高ければ高いほど、その美容効果も比例してアップしていくわけではないのです。

重要なのはあくまで肌への浸透率。
いくら大量のビタミンC誘導体が配合されているクリームでも、それが肌の奥深くにまで吸収されないなら意味がありません。

高濃度であればあるほど含有されているビタミンC誘導体の量が多くなることは確かなので、ビタミンC誘導体の配合濃度が高い化粧品を購入する場合、そのクリームや美容液の肌への浸透性の良さについてもチェックするようにしましょう。浸透力の高い化粧品であれば、高濃度のビタミンC誘導体の強みを最大限に生かすことができます。

ただ、ビタミンC誘導体の濃度があまりにも高いクリームや美容液は、乾燥肌の人にはあまりオススメできません
ビタミンC誘導体には皮脂量をコントロールする働きがあります。この作用は本来であればニキビや肌荒れの予防や改善に役立つものですが、過剰に働くと肌の乾燥を招いてしまう可能性もあります。そうなってしまうと、首や顔のしわ取りにはむしろ逆効果です。

乾燥肌へ敏感肌の人の場合、ビタミンC誘導体の濃度が低めのクリームでケアを始めたほうが安心でしょう。
ビタミンC誘導体は、数%濃度の配合率でも充分にその効果を期待することができます。